長野からディズニーランドまで夜行バスで行ってきた!

長野から東京ディズニーランドまで直で行くことができたらどんなにか便利でしょうか。

そんな交通手段がないと思っていた人には朗報です。

ウィラーエクスプレスの東京ディズニーリゾート行き直行バスなら予約を取ってわずか2000円前後で格安で乗車することが可能です。

長野駅だけでなく色々な乗車場所があるというメリットがあります。

乗車場所が少ないとそれだけでバスを利用するのが面倒に感じてしまいますね。

しかしウィラーエクスプレスなら例えば長野駅以外に松代ロイヤルホテル、上高地バスターミナル、松本駅、飯田駅前など多数用意されていますので乗車場所に困ることがありません。

これなら快適にディズニーランドまで行くことができます。

テレビで毎年のように大型車の事故を目にします。

いつも大体取り上げられ方が大きいので気になって印象に残っている人も多いのではないでしょうか。

特に高速道路においてはどの車も一般道よりスピードのある流れで移動しています。

車は大きいものですとそれだけ運転技術がいりますしスピードにのったときのパワーは比例して大きくなります。

実際の事故率では突出しているほどではないとのことですが動かしているのが主に人間の技術という点もあり深刻な事故になりやすいとも言えるかもしれません。

移動手段としての夜行バスは大きなメリットとして格安料金を認識している人も多いかと思います。

では一方でデメリットはどんなことが考えられるでしょうか。

やはり安全性の面は気になるという人も多いかと思います。

運転手の技術や体調などに頼るところが多い乗り物ですし安全面にどれだけ配慮しているかという点はバス会社を選ぶ最優先事項としましょう。

またしばしば到着時刻が早まったり遅れたりもするので調整できるよう予定を立てておきましょう。

他には同じ姿勢での長時間移動になるのでゆったりした服装にするなどしてできるだけ負担を減らしましょう。

突然長時間の移動をしなくてはならないような状況になった場合乗車日当日の夜行バスでも乗ることはできるのでしょうか?調べてみますと空席があればその日に予約をして乗ることができるところもあるようです。

夜行などは本数も多く空いている可能性が高いらしいので情報がまとめてあるサイトなどを活用して探してみると良いと思います。

運行本数の多いものならもしかしたら乗り込めるかもしれません。

またその日のうちに乗車できるとしても予約は必ず必要になってきますのでその点はお間違えの無いようにお気を付けください。

長距離移動に夜行バスを利用する際お手洗いの問題は重要です。

夜間の移動なら寝るのでそれほど気にならないという人もいるかもしれませんが、どうしても数時間の長距離移動となるので行きたくなることが全くないとは言い難いと思います。

普通なら2、3時間おきに休憩をとるようになっているので何時間も我慢を強いられることはないでしょうが、例えば車酔いしてしまったなど即必要な状況というのも考え付かないわけではありません。

しかしそんな不安もトイレ付き車両ならば解消されます。

あると思うだけで安心感が格段に違いますからおすすめです。

電車や街中を走っているバスには回数券というものがありこれは1回分余計に乗れたりしてお得なのですが格安夜行バスでもそのシステムはあるのでしょうか。

調べてみますとそれぞれバス会社の窓口で販売されているとのこと。

同じ路線を何度も使う予定があるという人はこういったものを取り入れるとさらに節約になると思います。

気を付けなければいけないのは有効期限があったりもちろん数枚まとめて購入する必要があったりするので自分の用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

購入前に払い戻しについても調べておくと良いと思います。

移動も長時間になると不安になってくるのがモバイル端末があとどれだけ使えるか。

移動中は暇なのでずっといじっていると気づけば残りわずかになっていてびっくり!なんて焦った経験はほとんどの人がお持ちでしょう。

新幹線は窓際や一番前の席などで充電ができる乗り物ですが実は夜行バスにもコンセント付きの車両というのがあるんです。

とある情報サイトでは特集が組まれるほどの人気ぶりで利用者に求められているサービスのひとつと言えます。

席一つ一つにあるというのもありがたい点ですね。

夜行バスのメリットは多くありますがふたつほど挙げてみたいと思います。

まず大きな利点として挙げられるのがとにかく料金が格安という点でしょう。

もちろん重要なのは安全面でもありますし安ければ良いわけではありませんのでその点事前にしっかり下調べしておかなくてはなりませんが、移動のおいて安さを一番重要と考えている人にとって魅力的な点だと思います。

また時間を有効活用することができるという点もあります。

移動を夜間にすれば寝ている間に目的地に着けるので翌日の予定も無駄なくこなすことができます。

これは旅行でも仕事でも嬉しい点ですよね。

時間がかなりかかるというのは長距離バスの難点のひとつ。

移動が長くて疲れるから避けるという人もこれらの方法を試してみていただきたいです。

車内で暇を持て余すという人にはモニターが付いた車両をおすすめします。

参照:夜行バスウィラートラベル就活生を応援?事実!【どんなサービスなの?】

本は荷物になるし酔うから避けるという人もこのモニターなら座席の前についているので酔いにくいと思います。

それから座った姿勢でいるのが苦しいという人はエアクッションなどで首や腰の位置を調節したり、あるいは少なめの座席数でゆったりと過ごしやすいバスに乗ってみたりすると良いかもしれません。

トイレ休憩の際にちょっとしたストレッチをすると体が楽になりますよ。

人数に関係なく女の人が長距離バスを利用して長旅をする際に防犯面をネックに感じるという人がおられるかもしれません。

また車内でメイクをとったりゆるい格好をしたりして過ごそうと思うとできることなら近くに男性はいてほしくないという意見も多いかと思います。

そんなときに重宝するのがサイトで特集も組まれるほど人気の女性専用車両です。

ひとつのバスの中に男女別の専用エリアを設けているものもありますが車内みんなが女の人なら安心感が違うでしょう。

自身の目的に合わせて選びたいですね。

いくつかの夜行バス会社ランキングをチェックすると同じ名前が出てくるので評判などを比較してみたいと思います。

特に夜行バスがよく運行されているというVIPライナーですがこちらは独自のサービスや充実した設備が人気のようです。

それから格安をウリにしているサンシャインツアーはその他選べるパックツアーやキャンペーンも良いのだとか。

はたまたまぶしいピンクのバスで知られるWILLEREXPRESSは繊細な心配りが特に女性に人気のようです。

それぞれ選ばれる理由は様々ですが実際選ぶ際には安全面に力を入れているところが良いでしょう。

楽しい旅行を年に数回したいがために仕事や家事をこなしている方もたくさんいらっしゃると思います。

そうなると時間やお金は有意義に使いたいですよね。

お得に観光するために有効な手段の一つとして交通手段を長距離バスにしてみるというのはいかがでしょうか。

最大のメリットは料金的な部分ですがそれだけではありません。

SAではただ通過するだけだったかもしれないご当地グルメも楽しめますし、移動が夜間なら平日の仕事終わりにバスに乗りこみ次の日の早朝には目的地で動き回ることも可能なのです。

せっかくの遠出ならば余すところなく楽しみたいですね。