医療事務資格は持っていた方が得?

よく通信講座で「医療事務資格を持っていると仕事に困らない」「結婚したり子どもを生んだ後も働ける」と医療事務資格を持っているとすごく得をする、ことを謳っているように思える。
わたしは、そのたびに疑問を思わずにはいられない。
その理由の一番は診療報酬請求(レセプト)だ。
医療事務講座の多くはレセプトの見方や書き方を必ずと言っていいほど学ぶ。
はじめて見る人には、わけがわからないの一言だろう。
このレセプト、今はほとんどの医療機関でレセコンと言われるレセプトを保険者に送るソフトを使用して保険上の矛盾や事務処理上の不備をチェックされた後、インターネット回線を通じて社保・国保に送信されている。
保険証の番号をどのように記入するのか、どこにマルをつけるべきなのか、考える必要は全くない。
それは医療事務員を採用する側の人間、診療所であれば院長や、事務局長といった人物も知っているはずのことである。
かといって医療事務資格が全く意味がないわけではない。
採用側の人間が何を見るか、それは間違いなくやる気なのである。
医療事務をどうしてもやりたくて、勉強をしてきました。
そういった熱意が最終的には採用につながるのである。
医療事務は資格なしでもできる仕事である。
医療事務資格を取りたいのであれば、「これで仕事に困らない」なんて思わずに仕事としての医療事務をよく考えていただきたい。
事務系資格取りたい!女性におすすめは?【就職に他の人と差をつける!】