住宅ローン減税は増改築でも受けられる?

住宅ローン減税の対象は、住宅の取得だけではありません。
既存住居の増築、改築でも条件によっては住宅ローン減税が適用されます。
主な要件として、自分で所有し居住する住宅のリフォームであること、一定の省エネリフォーム、バリアフリーリフォーム、耐震リフォーム、又は大規模な間取り変更や修繕などであること、工事費用が100万円以上有り、その1/2以上の額が自己居住用部分の工事費用であること、住宅ローン減税を受ける年の所得が3,000万円以下であること、ローンの返済期間が10年以上であることなどがあげられます。
中古住宅を購入してリフォームする場合は若干条件が異なりますので、条件に応じて確認して下さい。
又、住宅ローン減税は所得税控除なので、申請した全額が戻ってくるわけではありませんから、その部分はご留意下さい。
自営業は住宅ローン審査通らない?基準を暴露!【審査落ちないコツは?】