パート主婦が教育ローンを借りる方法

教育ローンとはどういったものかご存知ですか?教育ローンとはローンの使い道が教育関係の限定されたローンです。

申請者は学生の親であることが多く学費や入学金の支払いのためにローンを組むという方が多いです。

高校や大学にかかる学費はもちろんのこと、私立の学校もローンの対象となります。

融資してくれる金融機関は銀行やノンバンクです。

注意事項としては金融機関によっては、保育園児は教育ローンが不適用となる場合がある事です。

学校に通うためにアルバイトしているという人でも収入があれば教育ローンを利用することは可能です。

ただし、ローンが組める人には条件があって20歳以上の成人になっていないと借してもらうことはできません。

また、ローンを契約するには安定継続した収入が必要という条件が必須となっていることが多いので勤続年数は長いに越したことはありません。

返済能力も審査をクリアする上で重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入が必要になると考えておきましょう。

いずれにせよ、借主が学生本人というのはレアケースなので奨学金のほうが可能性が高いと言えます。

大手・地方問わず銀行の教育ローンは一般的に低金利な商品が多いです。

ノンバンクのローンと比較すると融資金額も大いですしローンの返済期間も長めに設定されているので余裕を持って返済ができます。

最近ではネット銀行も広く普及していますのでWeb手続きだけで完結する銀行も多くなりましたし、利便性もかなり向上しています。

銀行口座がなくても申し込めるローンもありますが口座があると低金利の優遇金利を受けることができるという銀行が多いです。

また、給与振込や住宅ローン利用でもその銀行を利用していれば金利が安くなる銀行もあります。

教育ローンの返済方法を説明します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まります。

利息については借りた日の翌日から発生しますが在学中は利息分の支払だけでOKというローンもあります。

教育ローンの返済期間は長いローンでなんと、最長20年借入可というものがあります。

しかし、返済期間が長くなるほど返済金額はどんどん大きくなりますので注意しなければいけません。

教育ローンと言っても借金なので事前に返済シミュレーション行い、返済計画をきちんと立てることが重要です。

学生本人が教育ローンを借りる手続きをするというのは基本的にはできないと思われます。

学費が目的であってもローンはローンなので借主は貸借契約の責任を取らなければいけません。

そのために融資を受ける人物が成人であることや安定継続した収入があることは不可欠です。

また、仕事を辞める予定がないことや家賃や光熱費などすべて自分の稼ぎで支払えていることも重要になります。

ですから、国の教育ローンではなく銀行の教育ローンのほうが融資の望みは高いでしょう。

教育ローンの金利は金融機関によって大分差があります。

低金利な金融機関であれば1%台からとなっているのですが、金利の高いところでは10%近いところもあります。

銀行のローンであれば口座やカードを作ることで優遇金利を受けられる場合があります。

金利の計算方法というのが、2種類あり固定金利と変動金利があります。

昨今は低金利の時代と言われていますので固定金利の方が安心かもしれません。

ろうきんは労働組合や生協などが会員となり出資を行い会員へのサービスを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社のような営利目的ではないので金利は2から3%台と比較的低くめになっているのが特徴的です。

融資限度額は1000万円から2000万円と高額で返済期間は15から20年と長期なのが特徴です。

会員外の一般の人でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員は優遇金利が適用されるケースが多いです。

地方の労金の場合になると、入学金や学費以外にも子供への仕送りや下宿代に利用することも許可しています。

奨学金と教育ローンの違いについてご紹介します。

教育ローンと奨学金は教育のためのお金と言う点では共通しますがそれぞれ異なるものです。

教育ローンというのは借主は保護者となりますが奨学金は学生である本人に貸し付けられるものです。

借り方についても2つのローンには違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は毎月振り込まれます。

利息についても違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのに対し、奨学金は在学中には利息が発生しないのです。

返済開始の時期ですが、教育ローンは借りた翌月から始まるのに対し奨学金は卒業後になります。

教育ローンの借入金額の受け取り方の1つに一括で振り込まれる一括借入れ型があります。

住宅ローンのように一括で入金されるタイプの融資です。

銀行などはこの一括タイプになります。

一括借入れ型の特徴といえばローンの契約が成立すると同時に返済金額が確定となる事です。

返済計画を立てやすくなりますが追加資金が必要になってしまったときは、新規でローンを組まなければいけないというデメリットもあります。

教育ローンの申し込み方法について説明します。

申し込み方法は郵送やインターネットなどがあります。

郵送の場合は事前に電話などで申込書を請求します。

その後書類が届き次第必要事項を記入し、返送してください。

インターネットで申し込む場合は事前診断コーナーがありますので数秒で借り入れ可能か診断することができます。

仮審査の申請もネット上で行えますし24時間受付け可能な点も便利です。

仮審査の申し込み手続きが完了後に受付けしましたというメールが届くはずですので必ず確認してください。

参考:http://www.next-right-thing.org/